手汗 対策

ツボと呼吸法で手汗を抑制する

ツボと呼吸法で手汗を抑制する

手汗が多いときはどうにかして、それを抑制したいものです。
手汗を抑制する手段として、呼吸法とツボが存在します。

 

交感神経に何かの刺激が加わると、手のひらにその刺激が結果として現れやすくなります。
ですから呼吸を工夫したり、ツボを押したりする事で、気分を和らげれば、手汗が生じにくくなるのです。

 

手汗に有効なツボ

手汗の抑制に有効なツボに、労宮(ろうきゅう)があります。
労宮は手のひらの中心に存在し、握り拳を作った際に中指の先端が当たる部位です。
このツボを5秒前後押し込んで、5秒前後離すサイクルを5回程度行いましょう。

 

さらに、合谷(ごうこく)という名のツボが、人差し指と親指の骨が交差する部位に存在します。
ここを逆側の手の親指で刺激すると効果が期待できます。

 

5秒前後押し込んで1秒離すサイクルを、5回前後行うようにします。

 

半側発汗を活用して手汗を抑制する

人体には外から圧力が加わった側の汗が減少し、逆側の汗が増加するという仕組みがあります。
これを「半側発汗」、またの名を「皮膚圧反射」と呼びます。

 

一例として、胸部のトップから5センチ前後上の部位を紐で強く縛ると、上半身の発汗を抑制できます。
この手法はメインとして顔汗を抑制するためのものですが、手汗にも有効なようです。

 

腹式呼吸で手汗を抑制する

手汗を抑制するには、自律神経の内の副交感神経を優勢にする必要があります。
そのためには気持ちが穏やかな状態にならなければいけません。
そこで推奨されているのが、腹式呼吸です。

 

腹式呼吸の方法ですが、まずは背筋をピンと伸ばして方から余計な力を抜き、
腹部をへこませて鼻から徐々に息を吐きます。
息を吐き終えたら、力を落として鼻から自然に息を吸い込みます。

 

このときは普通に息を吸い込む事が重要です。
この工程を3〜5回程度行うと、気持ちが落ち着いて、手汗の量が減少します。
顔汗 止める 方法

ホーム RSS購読 サイトマップ